安心してお金を借りるなら

ファクタリングは会社経営を安定させされます

お金に困った時頼れる場所

事業主や経営者がお金を借りるのはもちろん銀行などもありますが、支払いサイトが長い債権などを現金化する必要があります。

ファクタリングとは取り引き先に商品を販売した際に、支払期日を予め決めていることで、直ぐに現金化することができない部分をカバーするサービスです。

JAバンク(農協)でお金を借りる

例えば取り引き先によっては商品の納品後、翌月の末日が支払い期日の場合、販売した会社側では資金不足に陥る可能性もあります。

お金を借りる方法では銀行からの融資やカードローン、キャッシングなどがありますが、
ファクタリングは借金ではないお金を借りる方法になることから、利用する会社による違いはありますが、
手数料を差し引いた分だけお金を借りることができるので、利息などを気にする必要性も無くなります。

メリットは遅くても翌日には入金をしている会社が多いので、仕入れたい商品を
購入する資金が無いという場面では、会社にとって貴重なビジネスチャンスを
失ってしまうことも無くなります。だからお金を借りる心構えが非常に大切です。

更に取り引き先企業が支払いを滞ってしまっている場合でも、ファクタリング会社によって
回収業務を行っているので利用者となる会社側は負担を一切感じないこともメリットではないでしょうか。

事業を行っているとチャンスロスの発生が多くなると本来の能力や価値、
利益を発生させることができない状態になるものなので、上手に活用することで
チャンスロスをゼロにできます。※https://www3.jeed.or.jp

審査はありますがファクタリングは有益な手段です

法人がお金を借りる方法の中には、ビジネスカードを利用したり、銀行からの融資を受けたりと
いくつかの手段がありますが、お金を借りるという時点で借金を背負っていることになるので
会社の経営上の問題になるリスクは避けることができません。

会社

当然ながら銀行側でも資金繰りが悪化している法人に対しては審査の段階で
通過することができない場合も多いので、経営者にとっては悩みの種となります。

一方で借金ではなく売掛金の譲渡でお金を借りる方法があり、
既にファクタリングという言葉を用いて運営をしている会社が多数存在しています。

ファクタリング会社では手数料を利益にしていることで仕事が成り立っているものなので、
売掛金の額面全てを借りることはできませんが、手数料は低めに設定されていることが目立つので
法人であれば目立った損失になることはありません。

ファクタリングでお金を借りた場合は、債権は譲渡をしていることになるので、
たとえ回収に手間取ったとしても自社の信用情報に影響しない方法なので
会社の信頼度を下げられてしまうリスクも無くなります。

資金作りには非常に有益なお金を借りる方法になることから、
ビジネスチャンスを逃さない経営を継続できることで
会社の発展に貢献するサービスではないでしょうか。

では個人の場合はどのような処からお金を借りるのがいいでしょうか?

起業後の退職などを考えたらシニアになってからの生活にも目をむけておくことが重要です。

お金を借りたら確実に返さないといけない?

 

もちろん常識でかんがえれば返さないといけません。

しかし民法によって時効があります。

法律の悪用を考えるのではなくお金を借りたら計画的に返していきましょう。