安心してお金を借りるなら

公務員がお金借りるならどこが1番良い?

お金に困った時頼れる場所公務員という事で限定された方がお金借りる際には、一番お得になるのが共済組合の貸付です。共済組合の特徴で1番大きくあげられているのは、金利の安さです。

金利

銀行で借りるにしても、消費者金融で借りるとなればさらにですが金利が高くなってしまうというデメリットが生じます。
同じ額の貸付を受けるのであれば金利が安いに越したことはありませんし、公務員の福利厚生でもありますので共済組合からお金借りるという特典を利用するのはお勧めです。

もちろん金利はありますので出来るだけ早く返済したいところではありますが、
繰り上げ返済時にも手数料がかからないということも特徴として挙げられます。

一般的なローンにおいては繰り上げ返済時には手数料がかかることになりますが
その部分の負担がないので、さくさくと返しやすいのもポイントです。

ちなみに国家公務員の方が地方公務員よりも少し金利が高い傾向が見られますが、
それでもほかの所からお金借りるよりも金利は格段に安いというのが有りますのでメリットは大きいです。

例えば地方公務員であれば、仮に20万円借金したとなると消費者金融で72000円の利息、
共済貸付で5400円といった感じです。


借り入れ審査が緩めになっている?

銀行から貸付を受ける場合は、比較的厳しい審査がありますしそれでだめだったというケースも多くみられます。
しかし共済組合の特徴の一つに、借入審査がゆるいというところは注目されています。

お金の審査

常勤の公務員であることも理由にあげられていますし、組合員になった時点で
給料や退職金が担保となるために貸し倒れリスクがほとんどないということがあるからです。

連帯保証人が必要ありませんし、保証料や抵当権の設定も必要ありません。

さらにブラックリストでも利用可能というのも特徴です。
銀行であればまずブラックリストであれば貸付受ける事は出来ませんし、
消費者金融であってもそういった情報は周りますので厳しくなります。

お金借りるという時にはブラックリストであるとどこからも借りられず、
最終的に高金利の所に借りるか自己破産ということにもなりかねません。

しかし共済組合からお金借りるとなれば、ブラックリストでも利用可能ですし、
審査がゆるく設定されていますので多くの方が条件を満たすことになります。

注意点では、申請をしてから1ヶ月ぐらいかかりますので、即日融資が出来ない事があげられます。

その点には注意をして申請しましょう。